昼・夜間における高画質動画
および静止画の自動撮影

最高1080P(1440×1080ピクセル)の高画質HD動画および最高1200万画素の静止画を撮影できます。
光量が十分な日中の映像はカラー、薄暗い朝夕および夜間の映像はモノクロ(白黒)となります。
※撮影動画サンプル(準備中)

強化されたノングロー赤外線LEDライト
波長940nm、44個の赤外線LEDライトを搭載。
夜間でも動物に気づかれにくいノングロー(不可視光)で自動撮影できます。
LEDライトの到達距離は最大18mです。

中大型のターゲットに向く広い画角
画角は広角100度。ターゲットから1.5mの距離での撮影範囲は縦1.2m×横2.1mほどに
なります。
センサー検知範囲は約100度です。

防水力を極めた「IP66」
ダブルラッチ仕様

前モデル6210MCはIP66という高い防塵防水能力を備えていましたが、本機は本体下部の開閉部分ロック機構にダブルラッチ方式(2つの掛け金)を採用したことで、前モデルをはるかに上回る「IP68」基準をクリアしています。
これは一定条件下での一時的な水没にも耐える、極めて高レベルの防塵・防水構造です。
長期の野外使用時も、これまで以上に安心して設置できます。

内部基板の防湿強化処理
さらに弊社販売の本機については、メーカーに依頼して内部基板に特殊な防湿処理(super Moisture-Proof)が施されています。
そのため従来機に比べ、機器の内部も湿気に強くなりました。

液晶カラーモニターを内蔵
本体内部に2インチ液晶カラーモニターを内蔵。
設置時の撮影範囲確認や記録画像の再生、および各種設定が可能です。

ボタン改良により操作感UP
従来機では、小さい操作ボタンを爪で押すような感じでしたが、より大きなボタンに改良され、操作感が向上しました。

LEDライトの光量調節機能
(※静止画撮影時)

従来機にはなかった新機能。
静止画の撮影時、LEDライトの光量を3段階で設定できます。ターゲットとの距離が近い場合に光量を弱めて白飛びを抑えることも可能です。

タイマー撮影機能と
タイムラプス撮影機能

タイマー機能を搭載し、設定した時間帯にカメラを稼働させることができます。
また、一定時間ごとに撮影を繰り返すタイムラプス撮影機能も備えます。

電源とメディア
単3型のリチウム乾電池(標準的には4本、最大12本)の使用を推奨します。
エネループなどニッケル水素充電池でも使用可能ですが、低温時の安定性などからリチウム乾電池がお勧めです。
記録メディアとして、32GBまでのSDカードを使用します。
データ転送速度の速いclass10のものをお勧めします。

カメラの固定方法
付属の結束ベルトで立木などに取り付けられるほか、底部の三脚穴を使って各種三脚での設置も可能です。

主な仕様

撮影画角 100度
焦点距離 ターゲットが1.2m以遠で最良の画像が得られますが、弊社テストでは0.6m程度の近距離でも十分に実用レベルです。
撮影モード 動画モード/ 静止画モード/ 動画+静止画モード
動画解像度 1080P(1440×1080)/720P(1280×720)/VGA(640×480)動画ファイル形式はAVI
動画記録時間 1カット1~60秒まで設定可能
静止画解像度 1200万画素/500万画素/200万画素(JPEG)
静止画連写 1~3枚まで設定可能
撮影インターバル 0秒~60分まで設定可能
夜間撮影 ノングロー940nm(動物に感知されにくい不可視光)の赤外線LEDで夜間撮影(モノクロ)が可能LEDライト最大到達距離18m
ライト光量調整 静止画撮影モード時、LEDライト光量を3段階で調節可能
タイマー撮影機能 2系統のタイマー搭載により、最大2つの時間帯を設定して撮影可能
ライムラプス撮影 可能(任意の設定時間ごとに撮影を繰り返す機能)
センサー検知範囲 100度検知距離18m
トリガータイム 0.8秒
記録媒体 32GBまでのSDカード(データ書き込み速度の早いclass10を推奨720Pでの動画撮影の場合、32GBではおよそ13時間の記録が可能
電源 単3型リチウム乾電池4~12本(単三型ニッケル水素電池等での使用も可能ですが、低温環境下では稼働が安定しない場合があります)で、数ヶ月稼働(使用状況や撮影数によって変化)
防塵防滴レベル IP68(完全な防塵/一時的な水没にも耐える)さらに弊社販売ロットについては内部基板にも追加防湿強化処理
モニター 内蔵型2インチカラー液晶モニター
使用可能温度 -45°C~70°C(推奨値)
固定方法 付属のベルト/三脚(本体底部に1/4インチ三脚穴あり)
本体サイズ 145×85×75ミリ(縱×横×奥行)重さ約280グラム(電池・カードのぞく)