点検・修理について

弊社販売のセンサーカメラ(Fieldnoteシリーズ、Ltl-Acornシリーズ)の点検・修理を随時お受けしています。
Ltl-Acornシリーズは海外製品ですが、故障レベルが比較的軽ければ、修理が可能です。
実際の修理は弊社の協力会社(有限会社アーパス)が行います。
なお、修理対象は弊社から直接購入された製品に限らせていただきます。

◇点検・修理の流れ

  • まず「点検・修理依頼フォーム」またはメール(marif@sensorcamera.jp)にてご連絡下さい
  • ご相談の上、カメラを有限会社アーパス(修理担当)にお送りいただきます
  • 点検後、修理の可否見通しと費用見積もりをお知らせします
  • 修理開始(あるいは取りやめ)
  • 修理完了後、ご連絡ののち発送(お支払いは修理品到着後のお振り込み)

◇点検・修理の流れ

修理費用については、故障の状況にもよりますが次の料金が目安となります。
点検の結果、修理をしない場合でも、恐縮ながら1台2,200円の点検料(税別・送料別)は申し受けます。

機種名 目安の修理料金

Fieldnoteシリーズ

Fieldnote

多くのケースでは3,630円〜14,520円の範囲
(点検料込み・税込・送料別)

Ltl-Acornシリーズ

6,380円~10,450円(点検料込み・税込・送料別)
点検のみの場合 2,200円(税込・送料別)

◇メーカー修理済み再生品の提供について

海外製品であるLtl-Acornシリーズは、カメラの故障程度が大きい場合、国内修理不能となる場合があります。
しかしメーカー修理に出すとなれば修理代(比較的安価ですが)に加えて多額の送料と2~3ヶ月もの期間を要する上、メーカーでも修理不能とされることがあります。
そこで弊社では、メーカー修理済みのカメラを「再生品」と称してストックし、国内での修理が困難となった場合に一定額(修理価格と同程度)で提供させていただいています。
麻里府ユーザーのみへのサービスとして好評をいただいています(※再生品の在庫が切れている時は、入荷まで長くお待たせせざるをえないこともあります)

機種名 Ltl-Acornシリーズ 再生品の提供価格
6210MC 7,480円(点検料込み・税込・送料別)
6310WMC
(内蔵モニター型)
8,030円(点検料込み・税込・送料別)
6310WMC
(モニター外付け型)
7,480円(点検料込み・税込・送料別)
Mini 30 9,350円~10,450円(点検料込み・税込・送料別)

※上記機種以外はお問い合わせ下さい。

◇点検・修理依頼フォーム

点検・修理申し込み・問い合わせについては下記フォームにてお願いいたします。

▶︎Fieldnoteシリーズの点検・修理
▶︎Ltl-Acornシリーズの点検・修理

◇スマホでシリアルナンバーを読み取る

Ltl-Acornシリーズのカメラ本体には、背面または側面に製品のシリアルナンバー(製造番号)が表示されています。
点検・修理ご依頼の際は、故障の状況などとともにシリアルナンバーをお知らせいただきますが、数字が小さくて読みにくかったり、台数が多い場合には、スマホで読み取る方法があります。
「QRスキャナー」など、QRコードやバーコードを読み取るアプリを入れ、数値の下にあるバーコードを読み取ると数値が得られます。